最近は建築事務所を紹介するホームページも増えているので、自分たちの希望に合いそうな建築家を探してみてはどうでしょうか。建築家に依頼すれば、自分だけの住まいが可能になるのが最大の魅力ではありますが、合わせて監理を依頼することによって安心感が格段に高まる点も重要なポイントです。
建築現場に何度も足を運んで、素人ではわからない部分もチェックしてくれます。業者に対する不安が高まっている昨今、専門家による監理は何よりの安心材料。別途監理料がかかるにしても、何十年も住むことを考えれば、そう高くない負担といってもいいのではないでしょうか。

注文住宅は土地手配、設計の打合せ、施工と時間も手問ヒマもお金もかかります。用意できる予算も限られるので、建売住宅でもOKという人もいるでしょう。
建売住宅は土地と建物がセットになっていて、大量生産・大量販売によって、注文住宅よりかなり安く、一戸建てを手に入れることができます。

土地を買って注文住宅を建てるケースに比べると、地域や物件の規模などにもよりますが、3.4割は安くあがるのではないでしょうか。
土地・建物が一体になっているので、登記の手続きや費用、ローンの手続きなども比較的簡単にすみます。一定規模の建売住宅を扱っている会社であれば、そうした業務に精通しているので、かなりの部分を営業担当者などに任せることができます。
とはいえ、いいことばかりではありません。大量生産・大量販売ということは、企画は比較的スタンダードなものに限られ、変化に乏しい物件が多いのも現実です。大都市部の建売住宅は、建ぺい率・容積率を目一杯使っているので、将来の増改築は難しいという制約もあります。

メリット、デメリットを頭に入れながら物件探しを行ってください。かつての建売住宅は正直いって、安かろう・悪かろう式の物件が少なくなかったのは事実ですが、特にバブル崩壊後の販売が厳しかった時期に、建売住宅の仕様・設備のレベルもかなり上がっています。熱意を持って探せば、希望に合った物件が見つかる可能性はけっこラバブル崩壊後、都心部やその周辺での地価の下落にともなって、建売住宅の立地も郊外から都心に移り、一時は「都市型一戸建て」がたいへんなブームになりました。

従来の数戸規模のミニ開発ではなく、都心近くであっても、20戸、30戸と一定の区画を整備して、整然とした街並みのなかに、従来の建売住宅になかった都会的で洗練された一戸建てが登場、ミニ開発物件よりはかなり高い価格設定であるにもかかわらず、飛ぶような勢いで売れました。